軽貨物宅配ドライバーとその種類は?

宅配便で下請けの場合

軽貨物宅配ドライバーの代表的な仕事の宅配便の場合は、配送単価がエリアごとで決められていたり大きさや重さ元払いか着払い、代金引き換えなどにより変動します。基本的には配達が完了した荷物の個数で報酬が決まり、これらの仕事の多くは大手宅配業者の下請けとなることから始まります。宅配便の仕事の問題点はどれだけ沢山個人宅を回っても不在の場合があることです。配達して留守の場合不在票をポストに入れ荷物を持ち帰れば報酬にはなりません。特にエリアによっては日中の不在率が高い地域もあります。またお客が不在票を確認して連絡が取れた場合再配達となりますが、自分の立場が経費は全て自分持ちの下請けの場合、再配達に費やす時間や燃料費など大きなダメージとなります。そのため時給や月給制で取り組む場合もあります。

ルート配送やスポットとチャーター便の仕事内容

ルート配送は決まった時間に指定コースを順番に回る仕事です。報酬の仕組みは一般的にルートに対して走行距離で決まる距離制運賃と、拘束された時間で決まる時間制運賃があります。ルート配送の良い点は毎日同じコースを走るので、宅配便と比較すれば取り組みやすいと言えます。報酬も出来高制では無いので高くは望めませんが、仕事内容が安定しているので人気があります。他にもスポットとチャーター便は主に企業からの急な配送に対応し、契約を交わして行う仕事で特徴は荷主の貸し切り便のようになることです。報酬は距離制の場合が多く待機する時間や荷物の個数なども報酬に加算されます。ただこの仕事で高速道路を利用した場合高速代やガソリン代は、荷主からの後払いとなるので常時現金またはクレジットカードなどを準備しておく必要があります。

インターネットの転職に関する求人情報サイトを利用することで、ドライバーの転職がとてもしやすくなるでしょう