体を動かす仕事がしたい、運転が好き、などいろいろな理由でドライバー職に興味を持つ人は多いのではないでしょうか。ドライバーと一言で言ってもその種類は多くあります。今回はドライバーの職業について、その種類や必要なスキルなどを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ドライバー求人について

近年ドライバー職の求人はネットショッピングなどの普及によって職種によっては増加傾向にあります。運転免許証さえ持っていれば未経験でもお仕事ができるような求人も多くあります。ここではドライバー職の傾向や必要なスキルなどを紹介していきます。

ドライバー求人は増加傾向!初心者でもドライバーはできる?

ドライバー求人数は、地域や職種によって差がありますが全国的に少しずつ増加しています。そうした中、初心者が運送会社に就職をして一人前のドライバーとして成長をしたい場合には、未経験から無理なくスキルア…

ドライバーに必要なスキルは?

大型トラックのドライバーは、全国各地に荷物を届けたり、取引先を回ったりする必要があるため、様々なドライバーの仕事の中でも、高度な運転技術が求められる傾向があります。特に、人手が不足している運送会社…

ドライバーに向いている人のタイプは?

運転が好きであること

ドライバー職への適性を判断するポイントとして、運転を好きかどうかが一つに挙げられます。ドライバーは基本的に殆どの時間を運転していますので、そこに苦手意識があると継続して働くのは難しいでしょう。単純作業とも言える業務を淡々とこなしていく必要があるため、車の運転に対してそれなりの楽しさを見いだせる人の方が働きやすいです。しかし、単純に運転が好きというだけでは務まらない面もあります。例えばトラックならサイズのある車体を安全に操作するための技術が必要ですし、タクシーならお客様を不快にさせないための気配りのある運転が求められるでしょう。仕事として行う以上、相応のスキルを備えているかどうかも重要で、業務を遂行する能力がなければ真の適正があるとは言えません。

注意力や集中力は必須

ドライバーが最も避けなければいけないが事故です。自分の人生を棒に振ってしまうだけでなく、会社のイメージにも大きな影響を与える問題ですので、高い注意力や集中力をもって、それを維持できる人こそがドライバーに適しています。同時に、感情のコントロールを上手く行っていける資質があるかどうかも重要と言えるでしょう。渋滞やノロノロ運転などでイライラさせられたり、業務上のストレスが溜まっていったりすることもあるものですが、プロドライバーとして働く以上、そうした不満を運転に出してしまう人には不向きです。どんな心理にある時でも、自身でしっかりとアンガーマネジメントができることがドライバーには求められ、常に安全を優先した運転を行える人にこそ、向いた仕事と言えるでしょう。

>

ドライバーの求人応募で必要な免許

ドライバーの種類

人を運ぶドライバーとその種類は?

ドライバーというと真っ先に思い浮かぶのがトラックドライバーという方も多いのではないでしょうか?しかし、荷物を運ぶだけがドライバーの仕事ではないんです。人を運ぶ仕事もれっきとしたドライバーです。例を…

軽貨物宅配ドライバーとその種類は?

軽貨物宅配ドライバーの代表的な仕事の宅配便の場合は、配送単価がエリアごとで決められていたり大きさや重さ元払いか着払い、代金引き換えなどにより変動します。基本的には配達が完了した荷物の個数で報酬が決…

長距離配送ドライバーとその種類は?

チャーター便とは、取引先とその都度契約し、その取引先の荷物だけをトラックに積載し、配送する形態のことをいいます。正式には、「専属輸送」といいます。荷物の重量や大きさに合わせた車両を手配し、配送…