ドライバーに必要なスキルは?

大型トラックのドライバーは高度な運転技術が要求されることも

大型トラックのドライバーは、全国各地に荷物を届けたり、取引先を回ったりする必要があるため、様々なドライバーの仕事の中でも、高度な運転技術が求められる傾向があります。特に、人手が不足している運送会社の大型トラックのドライバーとして勤務を始める場合には、勤務時間や拘束時間が長くなりやすいため、日々の体調管理をしっかりと行ったり、業務の合間にこまめに休憩時間を確保したりすることが大切です。多くの大型トラックドライバーが在籍する運送会社の中には、運転技術の向上に繋げるため、数か月おきにスキルアップのための業務研修を実施したり、新人や中途採用者を対象に個別の教育制度を整えたりしているところも増えています。

ドライバーが荷造りや荷下ろしなどの作業を担当する会社もある

最小限の人数で業務をこなしている運送会社においては、ドライバーが荷造りや荷下ろしなどの作業を担当しているところが多くあります。こうした運送会社でドライバーとして勤務をする場合には、二種免許だけでなく、フォークリフトやクレーンなどの運転免許が必要となるケースもあるため、求人に応募をする前に資格の要件についてきちんと調べておきましょう。また、女性のドライバーの受け入れ状況については、会社ごとに大きなバラつきがありますが、長く仕事を続けるために、業務中に必要な体力について面接の際に担当者に相談をしてみると良いでしょう。その他、待遇が良い会社で働くにあたり、専門的なスキルが必要な業務の際に発生する手当に目を向けることがおすすめです。

ドライバーの募集に応募する時は職場が求めている人材の特徴を確かめ、志望動機や目標を決めることが大事です。